チャレンジしてみる価値はある

ケーキ屋さんのアルバイト、特に女の子ならば小さい頃に一度はやってみたいと思った事があるでしょう。甘い、可愛いお菓子に囲まれて、そんな商品を売る自分を想像して夢ふくらんでいたのではないでしょうか。だんだんとアルバイトができる年齢になってくると、その時期はちょうど思春期や反抗期真っ只中の人が多いでしょう。小さい頃に夢見ていたケーキ屋さん、と可愛い事を言うのが恥ずかしい年齢にもなってくる頃でもあります。

ケーキ屋のアルバイトは、時給がそんなに高くないところが多いです。同じ食べ物を扱う店ならば、居酒屋などの方が時給が高いことも多いです。オシャレなどに目覚める時期、お金のかかる時期なので、より高い時給に目がくらむ事でしょう。将来パティシエになりたいなどの夢がその頃から確立されている人にとっては多少時給が安くても我慢できる事でしょうが、そうでない人はやっぱり別のバイトを選んでしまいがちです。

ケーキ屋で働くにあたり良いことは、リボン結びや包装などがすばやく綺麗にできるようになることです。それに、包装するにあたり色合いなどのセンスを養うこともできます。このような事は母親になったりした時や将来どんな仕事をしたとしても必ず役に立つとは言えませんが、もっていて損はない技術だと言えます。女性として、そのような美的センスをアルバイトのうちに学べるという事はとても貴重な事です。バイトは長く続けるのも大事ですが、就職したら簡単に仕事を変える事はできないので、経験できるうちに色んなバイトをする事をお勧めします。その一つに、ケーキ屋という幼い頃の憧れの仕事があるのもいいのではないでしょうか。