ケーキの作り方は学べるのか

アルバイトは社会で色々な体験をしたりや趣味をのばしたりする目的で行うのにも適したものであり、それが収入にもつながるというメリットがあります。そういった考えから料理をできるようになりたいと考えてキッチンスタッフになるという人もいますが、一方でケーキ作りを学びたいというのもよくあることです。どの時代においてもスイーツというのは一種の贅沢品として人気があるものでしょう。それを自分で作れるようになるということは、魅力的なことになります。

しかし、料理の学校に通わずにそういった技術を習得できるということを期待して、ケーキ屋に勤めてみると実際にはあまり多くを学べないということはよくあることです。そのお店で出す商品は全てその店のパティシエが全責任を持って作っているというのが個人のお店の典型であり、チェーン店の場合には工場で生産されたものが運ばれてきて、そのまま提供するか仕上げだけをして販売するということが多くなっています。そのため、アルバイトの立場でケーキ作りの始めから終わりまでを全て学ぶということはなかなか機会に恵まれないのです。

ところが、それでも諦めずにアルバイトを続けていると、個人のお店の場合には教えて貰える場合があります。時間が余っているときにパティシエが実際の作り方を見せてくれたり、自分で購入することを原則にして、オーブンや材料が余っているときに自分で焼いてみてよいという許可をくれるお店もあるからです。そういった貴重な経験が出来るのは嬉しいですよね。